宅建に受かりたいとき、通信講座はどう役立つのか?

宅建の試験は、合格率が高いとはとてもいえないですね。とにかく難関の試験です。
宅建の試験の希望者には、低い合格率をうまく攻略できるような勉強法が必須になっています。

その勉強法を伝授してくれるサービスといえば、やはり宅建の講座を持っている学校が有名ですが、
それしかないわけではありません。試験に合格する方法がわかる宅建の勉強法として通信講座の
存在感も、相当前から強いものに変わっています。

宅建の通信講座は、正直な話学校との格差がほとんどなくなっているといってもいいでしょう
(もちろん、通信講座も数が増えた以上は、その中でいい質の宅建の講座を選ぶことからはじめないといけませんが)。
宅建の通信講座は、従来のような、ただ教科書や問題を送られてきて、それをやった結果を送って
添削を受ける、といったパターンのものではなくなり、質のよい教材やサポート制度を完備することで
家にこもってはいても学校に通っているのと同じような指導を受けられるように進歩しているのです。

宅建の通信講座は実際に、映像を視聴することで、学校で講義を受けているのと同じ要領で
勉強ができるものが、主流になっています。DVDやCDのようなメディアで映像や音声を再生できるものから
Webを通して講義を配信してもらえるものまで、バラエティ豊かな教材で指導をしてくれます。
勉強方法以外の情報の提供も非常にスピーディーになっていますし、
家にいることで感じる不便さがほとんど解消されているわけです。

しかも、学校に通うときと比べて、費用がひと回り以上廉価なことも大きいですね。
中にはほんの数万円で受けられるものもあります。独学で受験を目指すにしても、自前で教材を必要な分
買っていればそれくらいの金額に達してしまうことが普通ですから、
通信講座のほうが、出費に得られる効果をプラスすると安上がりになることも珍しくありません。

通信講座のいい点は、家で好きなときに宅建の勉強ができるという独学の最大のよさと、
プロの指導を受けることができるという学校の最大のよさが両立している点です。
もちろん、宅建の通信講座にも弱点はあって、中途半端な存在となっていて、
効果のほうも中途半端に終わる可能性もあることは事実ですし、
半端なモチベーションしかないのに受講をはじめてしまってもいい結果にはなりませんが、
学校や独学を選んだ人が、行き詰まりを感じたときにその打開策になる可能性も秘めていることは
覚えておいたほうがいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です