宅建の合格率の次回の予想を理論的にすると?

宅建のこれまでの合格率、特に最近の合格率の流れを見ていると、どんな予想ができるでしょうか。

いうまでもないことですが、宅建の合格率はこれからもほとんど変わることがないという予想が成立するはずです。
宅建の合格率は、今年も来年以降もおそらくは相当に低いという予想をせざるを得ません。
受験者のおよそ6人に1人くらいしか受からないに違いありません。
合格率としては15パーセントを少し超える程度、合格最低点としては35点前後という予想が、今年の宅建の
試験についてもできます(できれば、もう少し多めに正解を出しておきたいものですが)。

しかし、宅建の合格率の予想をそれだけで終わらせてはいけません。
なぜ毎年決まったように、変化のない合格率になっているのでしょうか。
深読みするなら、宅建の試験の主催者側のほうで、「毎年ほとんど変わらないような結果にコントロールされている」
ということもいえるのではないでしょうか。
そして、その合格率の予想から、宅建の受験に関して何がわかってくるでしょうか?

答えは、「宅建の合格率を大きく上下させないため、宅建の試験問題に起こる変化は少な目になる」という予想
ができる、ということですね。
試験問題自体はもちろん毎年必ず変えられますが、
「どんな試験範囲が選ばれるのか」、そして「どんな傾向の試験問題が中心になるのか」、
といった事柄については、あまり大きく変えられない可能性のほうが高いわけです。

最近の試験で、どんな問題が多く出されてきたのかを細かくチェックしていけば、
問題の傾向がおのずとわかってくるでしょうし、
見つけられた共通点をもとにすれば、どこにウェイトを置いて勉強するべきなのかも決まってくるでしょう。

しかも、そういった作業を何もひとりでやる必要もありません。
宅建の勉強を教えてくれるところに行けば、合格率や試験範囲の予想を(プロの目で)みっちりとやってくれます。
そして、それを指導内容に反映させてくれます。
宅建の講座を持つ学校に入ってもいいですが、難しいようでしたら通信講座を選べばその代用をしてくれます
(通信講座は、今では学校と変わらないくらいのサービスを提供しています。サポートが手厚い業者を
選んだら、合格に関して役に立つ情報を随時家まで送ってくれるでしょう)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です