宅建の試験で、勉強をする気をなくさないための注意点

宅建の試験問題は、かなり前から大きく分けて4つの科目が指定されてきました。
宅建は不動産の取引が行われる場で欠かせない資格ですが、不動産は現在では数々の法令で
厳しく保護されていますから、それらの法令に精通していることが宅建の資格保有者の第一条件です。
宅建の試験の科目が、法令ごとに分けられているのも、それを思い出せば納得できるでしょう。

もっとも、宅建の試験科目の難しさには納得できないという人もたくさんいることでしょうね。
合格率が極端に低い宅建の試験ですから、難しい法令をたくさん見つめていると
到底受かりそうにないという絶望感にとらわれてしまう人が続出するのも無理はありません。

しかし、勉強するコツが少しわかるだけでも、ガラッと気分が落ち着いてくることがあります。
各科目の特徴をあらかじめ教えてもらっていれば、攻略不可能そうに見えても安心しながら
やっていけるようになるでしょう。
ここでは、宅建の試験の「後半」といってもいい2科目についてです。

・宅建業法
出題数がとりわけ多い科目ですが、この傾向はかなり前からあまり変わっていません(出題数等が
ときどき変わっていますが)。しかし、勉強と受験対策が間違っていなければ、けっこう点数を稼げる
傾向も古くから指摘されています。よく勉強している受験者は必ずここで稼いできます。
過去問を見ると、範囲の広さもなんとなくわかってきますが、他の受験者も同じ条件ですから
焦らずにくまなく勉強して、どの範囲からでも答えられるようにしておきましょう。
宅建の本試験直前までペースを守って勉強することが特に大切なことです。

・残りの法令
税法については、特例制度が多いことに注意して暗記していってほしいものですね。ここの整理がきちんと
していると、混乱しなくてよくなります。ただし近年の法改正が問題に絡んでくる傾向もあるので
法改正のチェックは怠らないようにしましょう。
税法の特徴の把握についてはもちろん、過去の宅建の試験問題もよく目を通しておくべきですが、
実は税法以外の部分についても過去問が鍵を握ります。出やすい範囲を絞ることも可能なため、
手抜かりのないように読み込んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です