宅建の試験の勉強をするとき、意識したほうがいい注意点

宅建の試験では、不動産に関係の深い法令が多数問題に出てきます。
当然のことですが、宅建の試験を受けるときはそれら一連の法令についてたっぷりと
勉強をしておかないと、合格は期待できなくなります。

宅建の試験は、合格率が低くて毎年それが一定しています。しかも合格最低点数まで一定していますから、
バランスのよい勉強を繰り返して確実にその点数を超えないといけません。
とはいえ、宅建の試験勉強でやらないといけない法令は、日常生活では縁がないものが多く、
初めて宅建のテキストを開いたとき、ついめまいを感じてしまう人も少なくないのが現実です。

しかしそれを何とかして打破しないことには宅建の試験に合格する日はやってきませんね。
ここでは、宅建の試験の科目ごとに、勉強を進めるにあたってのヒントをまとめておきましょうか。
宅建の試験の、「前半」といえる科目についてです。

・権利関係
「権利関係」には、さまざまな法令が含まれています(建物区分所有法・不動産登記法・借地借家法等……)。
しかしいちばんの中心となっているのが、「民法」です。
民法は、他の法令に比べたらだいぶなじみやすい科目でもあるのですが、とにかく民法は量が多いですし、
しかも宅建の試験では判例を引用しながら問題が出されています。民法は権利のやり取りに関するものが多いので
略図等を(ペンを動かして)描きながら覚えるようにしてはいかがでしょうか。
コツをいったん飲み込めると、その後のスピードは上がりますし、他の法令の勉強にも役立ちます。
なお、試験によく出る判例や、数年以内の法改正はよくチェックしておくほうが安全でしょう。

・法律関係
ここは細かい数字が出てくる部分です。数字や計算が大嫌いな人にとっては泣かされる範囲ですが、
なかなかうまくいきそうにないときは、時間をかけて、何回も取り組んでいくことをおすすめしたいですね。
「最初はさっぱり手につかなかった」「でも、何ヶ月も、何回も分けてやっていくうちにやっとものになってきた」
という体験談は、合格者からよく聞こえてきます。
試験が近づいてきてからの追い込み勉強でもカバーできるところでもありますから、
大きな空白期間をつくらないように地道に取り組んでいく姿勢も大切でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です